1. 初診患者への対応
  2. 歯肉炎患者(思春期)へのアプローチ
  3. 基本的診察への対応
  4. X線撮影取扱いへの対応
  5. 歯周病と歯周組織検査
  6. 歯科保存処置への対応とバキューム操作
  7. 前歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  8. 印象採得時のアシスタント(連合印象)
  9. 臼歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  10. 歯科補綴処置への対応
  11. 超音波スケーリングとPMTC
  12. 応急処置(急性単純性歯髄炎)
  13. ラバーダム防湿
  14. 局所麻酔
  15. 覆髄
  16. 窩溝填塞(フィッシャーシーラント)
  17. グラスアイオノマー修復
  18. ホワイトニング
  19. 歯内療法
  20. 根管充填
  21. テンポラリークラウン
  22. ゴム質印象
  23. クラウンブリッジの咬合採得とチェックバイト採得
  24. 総義歯印象
  25. 総義歯の咬合採得
  26. フェイスボウトランスファー
  27. 人工歯の選択と床義歯の試適
  28. 床義歯装着
  29. 義歯の調整(リライニング)
  30. 抜歯
  31. 難抜歯・埋伏歯などの抜歯および歯槽骨整形
  32. 歯根端切除手術
  33. 歯周外科手術
  34. インプラント
  35. 矯正処置(MTM)
  36. 救急救命処置
  37. 訪問口腔ケア
  38. AEDによる除細動
  39. (付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法
  40. (付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法
  41. 消毒剤の選択と使用法
申込書ダウンロード

準備中

(付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法

» 印刷データ

原則として滅菌できないものは可能な限りディスポーザブル製品を使用する。診療後は、廃棄できるものは他の廃棄物と区別がつく袋(赤い色がついたビニール袋など)に捨てる。

滅菌するものは流水で約5分間以上洗浄した後、2%グルタラール溶液に60分間浸漬する。グルタラールは金属の腐食作用があるので、その後の十分な水洗が必要である。オートクレーブにかけられるものは、この後乾燥したら通常どおりに滅菌パックに詰めてオートクレーブで滅菌する。

また、グルタラールなどの刺激性がある消毒剤を使用する場合には、通常の洗浄時に装着するグローブ・エプロンに加えマスク・ゴーグルなどで顔面を保護し、換気を十分に行う。

 


ページの先頭へ