1. 初診患者への対応
  2. 歯肉炎患者(思春期)へのアプローチ
  3. 基本的診察への対応
  4. X線撮影取扱いへの対応
  5. 歯周病と歯周組織検査
  6. 歯科保存処置への対応とバキューム操作
  7. 前歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  8. 印象採得時のアシスタント(連合印象)
  9. 臼歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  10. 歯科補綴処置への対応
  11. 超音波スケーリングとPMTC
  12. 応急処置(急性単純性歯髄炎)
  13. ラバーダム防湿
  14. 局所麻酔
  15. 覆髄
  16. 窩溝填塞(フィッシャーシーラント)
  17. グラスアイオノマー修復
  18. ホワイトニング
  19. 歯内療法
  20. 根管充填
  21. テンポラリークラウン
  22. ゴム質印象
  23. クラウンブリッジの咬合採得とチェックバイト採得
  24. 総義歯印象
  25. 総義歯の咬合採得
  26. フェイスボウトランスファー
  27. 人工歯の選択と床義歯の試適
  28. 床義歯装着
  29. 義歯の調整(リライニング)
  30. 抜歯
  31. 難抜歯・埋伏歯などの抜歯および歯槽骨整形
  32. 歯根端切除手術
  33. 歯周外科手術
  34. インプラント
  35. 矯正処置(MTM)
  36. 救急救命処置
  37. 訪問口腔ケア
  38. AEDによる除細動
  39. (付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法
  40. (付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法
  41. 消毒剤の選択と使用法
申込書ダウンロード

準備中

(付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法

» 印刷データ

<診療室における器具・器械の一般的な消毒・滅菌の流れ>

診療に使用した器具は原則としてまず水洗を行う。これを省いて薬液消毒を行うと、多くの場合血液がタンパク凝固によって落ちにくくなる。これは確実な滅菌効果を得るための大事な過程である。深めの洗い桶に水をためて器材を浸漬し、水を流した状態で溜め水の中で洗浄する。必要があればブラシを使用するが流水の直下では行わない。流水中での十分な洗浄は血液成分が分解され、付着していた細菌やウイルスの濃度も薄められるので消毒に近い効果が期待できる。ただし、針刺し事故等に十分気をつける。

次に超音波洗浄器による洗浄を行う。洗浄には洗浄用の消毒剤を用い器材を完全に浸漬させる。洗浄後は水洗によって消毒剤を洗い流し乾燥させた後、仕分けして滅菌パックにつめ、オートクレーブにかける。刃部があったり、尖っている器材は先端の保護と事故防止のためワッテで当該部分を包んでおくとよい。

 

 

<オートクレーブにかけられない器材>

オートクレーブにかけられない器具は他の消毒・滅菌法を用いるが、推奨する方法は次のとおりである。

①    クレンザー、ブローチ、リーマー、ファイル

:乾熱滅菌(15~30秒)、またはガス滅菌(6~24時間)

②    ラバーダムフレーム

:煮沸消毒またはガス滅菌

③    ラバーボール

:塩化ベンザルコニウム(0.02%)による薬液消毒(5分間)

④    スケーラー

:煮沸消毒(5~15分)またはガス滅菌(6~24時間)

 

歯科衛生士が遭遇する感染にかかわる事故は、これら洗浄から滅菌に至る過程で発生する事が最も多い。特に洗浄器から器具を取り出す際、あるいは仕分け作業中にピンセット、探針、スケーラーなどの尖った器材で指を傷つけてしまうという事故である。したがって、これらの作業にあたっては通常のゴムグローブはもちろんだが、厚手の洗浄用のゴムグローブとビニールエプロンを装着すべきである。


ページの先頭へ