1. 初診患者への対応
  2. 歯肉炎患者(思春期)へのアプローチ
  3. 基本的診察への対応
  4. X線撮影取扱いへの対応
  5. 歯周病と歯周組織検査
  6. 歯科保存処置への対応とバキューム操作
  7. 前歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  8. 印象採得時のアシスタント(連合印象)
  9. 臼歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  10. 歯科補綴処置への対応
  11. 超音波スケーリングとPMTC
  12. 応急処置(急性単純性歯髄炎)
  13. ラバーダム防湿
  14. 局所麻酔
  15. 覆髄
  16. 窩溝填塞(フィッシャーシーラント)
  17. グラスアイオノマー修復
  18. ホワイトニング
  19. 歯内療法
  20. 根管充填
  21. テンポラリークラウン
  22. ゴム質印象
  23. クラウンブリッジの咬合採得とチェックバイト採得
  24. 総義歯印象
  25. 総義歯の咬合採得
  26. フェイスボウトランスファー
  27. 人工歯の選択と床義歯の試適
  28. 床義歯装着
  29. 義歯の調整(リライニング)
  30. 抜歯
  31. 難抜歯・埋伏歯などの抜歯および歯槽骨整形
  32. 歯根端切除手術
  33. 歯周外科手術
  34. インプラント
  35. 矯正処置(MTM)
  36. 救急救命処置
  37. 訪問口腔ケア
  38. AEDによる除細動
  39. (付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法
  40. (付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法
  41. 消毒剤の選択と使用法
申込書ダウンロード

準備中

38. AEDによる除細動

» 印刷データ » 評価表 » 必要器材

<到達目標>

・    循環のサインを確認できる。

・    電極パッドを正しく装着できる。

・    放電ボタンを押す際、患者の体に触れていないことを確認できる。

・    AEDの指示に従い、除細動ができる。

・    除細動後、直ちに胸骨圧迫と人工呼吸を再開できる。

・    後片付けができる

 

 

<設定場面>

歯科医院の待合室で患者が倒れた。意識、呼吸の確認ができず、歯科医師は手が離せない状況である。現在救急車を要請し、AEDが到着したところである。

 

 

<治療手順>

1.循環の確認

頚動脈を3指で触れ、脈拍の有無を確認する。

 

2.AED処置   必要器材:AED

循環のサインがないと判断した時点でAED処置を行う。

(心臓マッサージはAEDの準備が整ってAED機器から指示がでるまで中断しない)

 

AEDの電源をいれ、電極パッドを胸部に貼り付ける。

(パッドに貼り付け位置が図示してあるのでそれに従う)

 

AEDが心拍を自動的に解析し、除細動が必要であれば指示が出るので、周囲の安全性を確認した上で通電ボタンを押して通電する。

(解析中は患者に触れない)

 

除細動後は直ちに胸骨圧迫と人工呼吸を再開する。

 

普段どおりの呼吸が戻った場合は、電極パッドを付けたまま患者の身体を横向きにして救急隊員の到着を待つ。

 

 

◎必要器材

①AED


ページの先頭へ