1. 初診患者への対応
  2. 歯肉炎患者(思春期)へのアプローチ
  3. 基本的診察への対応
  4. X線撮影取扱いへの対応
  5. 歯周病と歯周組織検査
  6. 歯科保存処置への対応とバキューム操作
  7. 前歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  8. 印象採得時のアシスタント(連合印象)
  9. 臼歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  10. 歯科補綴処置への対応
  11. 超音波スケーリングとPMTC
  12. 応急処置(急性単純性歯髄炎)
  13. ラバーダム防湿
  14. 局所麻酔
  15. 覆髄
  16. 窩溝填塞(フィッシャーシーラント)
  17. グラスアイオノマー修復
  18. ホワイトニング
  19. 歯内療法
  20. 根管充填
  21. テンポラリークラウン
  22. ゴム質印象
  23. クラウンブリッジの咬合採得とチェックバイト採得
  24. 総義歯印象
  25. 総義歯の咬合採得
  26. フェイスボウトランスファー
  27. 人工歯の選択と床義歯の試適
  28. 床義歯装着
  29. 義歯の調整(リライニング)
  30. 抜歯
  31. 難抜歯・埋伏歯などの抜歯および歯槽骨整形
  32. 歯根端切除手術
  33. 歯周外科手術
  34. インプラント
  35. 矯正処置(MTM)
  36. 救急救命処置
  37. 訪問口腔ケア
  38. AEDによる除細動
  39. (付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法
  40. (付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法
  41. 消毒剤の選択と使用法
申込書ダウンロード

準備中

36. 救急救命処置

» 印刷データ » 評価表 » 必要器材

<到達目標>

・    口腔内の器材を素早く撤去できる

・    反応の確認ができる

・    バイタルサイン(気道確保・呼吸・血液循環)の確認ができる

・    酸素の吸入ができる

・    必要器材を素早く準備できる

・    呼気の吹き込みができる

 

 

<設定場面>

歯科医院で治療中に患者が突然意識を失った。歯科医師が現在手を離せない状況にあり、救急救命処置を行うことにする。

 

 

<治療手順>

1.            処置の中止

口腔内にある器械器具を全部取り除き、処置を中止する。

 

2.            反応の確認  必要器材:監視モニター、SpO2モニター

患者に声かけをする。

 

・    反応があれば安静にして観察を続ける。

 

・    反応がなければバイタルサインを確認する。

 

3.            バイタルサインの確認  必要器材:血圧計、聴診器

A:Air way(気道の確保)→舌根の沈下を防ぐために下顎角の挙上

 

B:Breathing(換気)→呼吸がないか、患者の鼻腔に頬を近づけて換気を確認

 

C:Circulation(血液循環)→脈拍を確認(頸動脈が最も確実)、血圧計での血圧の計測

 

4.            酸素の吸入  必要器材:酸素ボンベ

過換気症候群以外ではすべての場合に酸素の吸入

 

5.            呼気の吹き込み  必要器材:アンビューバッグ、人工呼吸用携帯マスク、AED

チアノーゼが見られたら、呼気の吹き込み

 

・    あればアンビューバッグ、S上エアウェーなどを行う。

 

・    なければマウスツーマウス(胸郭の挙上を確認する)

 

血液循環が確認できなければ、AED(自動除細動器)装着

 

症状悪化するようならば119番への通報

 

参考 ※過換気症候群の場合

1.            処置  必要器材:紙コップ、紙袋

症状:気分が悪いと訴え、震えや助産師様手指などの症状を表す。

 

紙袋・紙コップなどを使って患者自身の呼気の再吸入を促し、血中酸素濃度を下げる。

 

 

◎必要器材

①監視モニター ②SpO2モニター ③血圧計 ④聴診器 ⑤酸素ボンベ ⑥アンビューバッグ ⑦人工呼吸用携帯マスク ⑧AED ⑨紙コップ ⑩紙袋


ページの先頭へ