1. 初診患者への対応
  2. 歯肉炎患者(思春期)へのアプローチ
  3. 基本的診察への対応
  4. X線撮影取扱いへの対応
  5. 歯周病と歯周組織検査
  6. 歯科保存処置への対応とバキューム操作
  7. 前歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  8. 印象採得時のアシスタント(連合印象)
  9. 臼歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  10. 歯科補綴処置への対応
  11. 超音波スケーリングとPMTC
  12. 応急処置(急性単純性歯髄炎)
  13. ラバーダム防湿
  14. 局所麻酔
  15. 覆髄
  16. 窩溝填塞(フィッシャーシーラント)
  17. グラスアイオノマー修復
  18. ホワイトニング
  19. 歯内療法
  20. 根管充填
  21. テンポラリークラウン
  22. ゴム質印象
  23. クラウンブリッジの咬合採得とチェックバイト採得
  24. 総義歯印象
  25. 総義歯の咬合採得
  26. フェイスボウトランスファー
  27. 人工歯の選択と床義歯の試適
  28. 床義歯装着
  29. 義歯の調整(リライニング)
  30. 抜歯
  31. 難抜歯・埋伏歯などの抜歯および歯槽骨整形
  32. 歯根端切除手術
  33. 歯周外科手術
  34. インプラント
  35. 矯正処置(MTM)
  36. 救急救命処置
  37. 訪問口腔ケア
  38. AEDによる除細動
  39. (付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法
  40. (付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法
  41. 消毒剤の選択と使用法
申込書ダウンロード

準備中

18. ホワイトニング

» 印刷データ » 評価表 » 必要器材

<到達目標>

・    歯科医師の指示に従うことができる

・    ステップ毎に報告できる

・    必要器材を的確に準備できる

・    ホワイトニングの効果が判定できる

・    薬剤が歯肉等に付着しないように、歯面にのみ塗布できる(オフィスホワイトニング)

・    薬剤とトレーの使用方法を患者に説明できる(ホームホワイトニング)

 

 

<設定場面>

20代女性が前歯部の歯の色調を気にして来院した。

 

 

<治療手順>

Ⅰ.オフィスホワイトニング

1.            患者の誘導と説明

歯科医師:患者の誘導と本日の治療内容の説明を指示する。

 

助手:患者をチェアに誘導する

 

衛生士:患者に本日の処置内容を説明する。

 

2.            カウンセリング

歯科医師:患者の主訴を十分に聞きシェードガイドを併用してホワイトニングの効果を判定する。

 

患者:どの程度白くしたいのか、意見を言う。

 

歯科医師:処置内容について説明する。

 

3.            歯面清掃 必要器材:歯面研磨剤、歯面清掃用コントラ・チップ

衛生士:歯面清掃をする。

 

4.            写真撮影 必要器材:シェードガイド、口腔撮影用カメラ、口角鈎

衛生士:シェードガイドを対象歯と並べて写真撮影をし、処置前の色調を記録しておく。

 

5.            保護 必要器材:ラバーダムシートまたはワセリン

衛生士:歯肉辺縁を着色ワセリン(レジン系ダム)で覆い、薬剤の歯肉への作用を防ぐ。

※    ラバーダム防湿下で行うこともある。

 

6.            錬和・塗布・照射 必要器材:ホワイトニング剤(オフィス用)、錬和紙、スパチュラ、光照射器、口角鈎

歯科医師:錬和した薬剤を歯面に置き、近接させて光照射器を作用させる。

 

7.            洗浄

歯科医師:水洗して薬剤とワセリンを取り除き、効果を確認する。

 

8.            研磨 必要器材:歯面研磨剤、歯面研磨用コントラ・チップ

衛生士:歯面を研磨する。

 

9.            術後指示

衛生士:食事やメインテナンスについて患者に指導する。

 

Ⅱ.ホームホワイトニング

(1~3はⅠと同じ)

4.模型作成(技工室作業) 必要器材:印象材、ラバーボール、スパチュラ、トレー、模型、ホワイトニング用トレー、スペース用光重合レジン

技工士:模型を作成する。

 

技工士:模型上で対象歯の唇面にレジンを盛り上げ、スペースを確保する。

 

技工士:マウスピース(トレー)を作成する(余剰部のカット、辺縁の処理など)。

 

5.トレー試適

歯科医師:患者の口腔内にトレーを試適し、装着状態を確認する。

 

6.使用前説明 必要器材:シェードガイド

衛生士:使用前の患者の歯の色をシェードガイドを使用して確認する。

 

衛生士:来院ごとに必ず薬剤の使用方を説明し、薬剤・トレー容器・使用上の注意上などを記した「使い方」を渡す。

 

7.ホワイトニング(在宅) 必要器材:ホワイトニング剤(ホーム用)、ホワイトニング用トレー、保管ケース

患者:患者自身が在宅で薬剤を交換する。

 

10.    ホワイトニングの確認

歯科医師:知覚過敏などの不快症状が認められない場合は2週間後に再来院し、シェードをチェックする。

 

Ⅲ.ウォーキングブリーチ

(1~3はⅠと同じ)

4.ラバーダム装着 必要器材:ラバーダムセット

衛生士:ラバーダムを装着する。

 

5.髄室開口と裏装 必要器材:タービン、コントラ、タービン用バー、コントラ用バー、裏装セメント

歯科医師:髄室の開口と確実な裏装を行う。

 

6.着色象牙質の削除 必要器材:コントラ、コントラ用バー

歯科医師:着色象牙質の削除を行う。

 

7.ペーストの填入 必要器材:過ホウ酸ナトリウム、過酸化水素水、グラスアイオノマーセメント、ガラス錬板、金属スパチュラ、錬和紙、プラスチックスパチュラ

歯科医師:過ホウ酸ナトリウムを30~35%過酸化水素水で錬和し、髄室に満たす。

 

歯科医師:グラスアイオノマーセメントで仮封する。

 

8.裏装材の充填 必要器材:裏装セメント、CR用充填器材

歯科医師:ホワイトニング完了時には髄室に裏装材を置き、CR充填で終了する。

 

9.            術後指示

歯科医師:本日の診療終了を指示する。

 

衛生士:衝撃などが加わると破折の可能性もあることを十分に説明しておく。

 

10.診療後の片付け

助手:診療後の器材の後片付けを行う。

 

 

◎必要器材

①歯面研磨剤 ②歯面清掃用チップ ③シェードガイド ④口腔撮影用カメラ ⑤口角鈎 ⑥ラバーダムセット ⑦ワセリン ⑧ホワイトニング剤(オフィス用) ⑨練和紙 ⑩スパチュラ ⑪光照射器 ⑫ホワイトニング剤(ホーム用)⑬ホワイトニング用トレー ⑭保管ケース ⑮タービン ⑯コントラ ⑰裏装用セメント ⑱過ホウ酸ナトリウム ⑲過酸化水素水 ⑳グラスアイオノマーセメント 21ガラス練板 22金属スパチュラ 23CR用充填器材


ページの先頭へ