1. 初診患者への対応
  2. 歯肉炎患者(思春期)へのアプローチ
  3. 基本的診察への対応
  4. X線撮影取扱いへの対応
  5. 歯周病と歯周組織検査
  6. 歯科保存処置への対応とバキューム操作
  7. 前歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  8. 印象採得時のアシスタント(連合印象)
  9. 臼歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  10. 歯科補綴処置への対応
  11. 超音波スケーリングとPMTC
  12. 応急処置(急性単純性歯髄炎)
  13. ラバーダム防湿
  14. 局所麻酔
  15. 覆髄
  16. 窩溝填塞(フィッシャーシーラント)
  17. グラスアイオノマー修復
  18. ホワイトニング
  19. 歯内療法
  20. 根管充填
  21. テンポラリークラウン
  22. ゴム質印象
  23. クラウンブリッジの咬合採得とチェックバイト採得
  24. 総義歯印象
  25. 総義歯の咬合採得
  26. フェイスボウトランスファー
  27. 人工歯の選択と床義歯の試適
  28. 床義歯装着
  29. 義歯の調整(リライニング)
  30. 抜歯
  31. 難抜歯・埋伏歯などの抜歯および歯槽骨整形
  32. 歯根端切除手術
  33. 歯周外科手術
  34. インプラント
  35. 矯正処置(MTM)
  36. 救急救命処置
  37. 訪問口腔ケア
  38. AEDによる除細動
  39. (付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法
  40. (付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法
  41. 消毒剤の選択と使用法
申込書ダウンロード

準備中

14. 局所麻酔

» 印刷データ » 評価表 » 必要器材

<到達目標>

・    歯科医師の指示に従える

・    ステップごとに報告できる

・    患者にこれから行うこと(局所麻酔)の説明ができる

・    麻酔時の不快事項の対応について十分に問診できる

・    麻酔時に確認すべき患者の既往歴を問診できる

・    局所麻酔の準備ができる

・    刺入点の消毒が正しくできる

・    刺入点に表面麻酔剤を正しく塗布できる

・    注射器に麻酔薬カートリッジと注射針を正しく装着できる

・    注射器を術者に適切に渡せる

・    安全に注射針のリキャップが行える

・    注射後の患者の変化を確認できる

・    麻酔対象の神経の走行範囲を念頭に置き、奏効状態を確認できる(下顎孔伝達麻酔では処置側の下唇の麻酔で奏効を確認できる)

 

 

<設定場面>

患者は右下7番の冷水痛を主訴に来院した。象牙質う蝕と診断し、本日局所麻酔下で治療する事となった。浸潤麻酔を行い、奏効がよくなければ伝達麻酔を追加する予定である。

 

 

<治療手順>

1.患者の誘導と処置前の洗口   必要器材:口腔洗浄・含嗽剤

歯科医師:衛生士(助手)に患者の誘導と今日の治療内容の説明、洗口を指示する。

 

衛生士(助手):患者をチェアに誘導し、処置内容と麻酔の必要な事を説明して同意を得る。

 

患者に洗口をしてもらう。

 

 

2.麻酔のための按頭台の調節

歯科医師:衛生士(助手)に按頭台の調節を指示する。

 

衛生士(助手):按頭台の調節をする。

A.浸潤麻酔

通常の診療姿勢を取ってもらう

B.下顎孔伝達麻酔

患者座位→患者に十分に開口してもらい、下顎咬合平面が水平になるように按頭台をセットする

患者水平位→患者に十分に開口してもらい、上顎咬合平面が床に垂直になるように按頭台をセットする

 

 

3.刺入点の表面麻酔   必要器材:表面麻酔剤

歯科医師:衛生士に刺入点の表面麻酔を指示する。

 

衛生士:刺入点に表面麻酔剤を綿球に付け塗布し、奏効まで数分間そのまま置く。

 

 

4.刺入点の消毒   必要器材:ヨードチンキ綿球

歯科医師:衛生士に刺入点の消毒を指示する。その際患者にヨードアレルギーがないか確認し、なければヨードチンキで消毒を行うよう指示する。

 

衛生士:患者にヨードアレルギーがないか確認する。

 

アレルギーがなければ、刺入点を綿球で拭い、ヨードチンキ綿球で消毒する。

 

 

5.麻酔    必要器材:注射器

(カートリッジ浸潤麻酔用、カートリッジ伝達麻酔用)

ディスポーザブル注射針

(浸潤麻酔用30Gショート、伝達麻酔用27Gロング)

歯科用局所麻酔剤

(カートリッジ式キシロカイン、カートリッジ式シタネスト)

 

歯科医師:患者に既往歴などを確認する。

適した麻酔薬を選択し、その準備を衛生士(助手)に指示する。

 

衛生士(助手):指示された麻酔薬と必要器材を準備する。

 

麻酔薬カートリッジの先端をアルコール綿球で拭って、

消毒済みの注射器に挿入する。

 

注射器の指かけを押しカートリッジのゴムに矢尻をしっかり押し込む。

 

ついで注射針をキャップごと注射器の先端にねじ込む。

 

注射針のキャップについたマークで針先の角度が判るので、

刺入時の角度を考慮に入れ、術者の手に確実に入れる。

 

歯科医師:注射針を注射部位に刺入し、ゆっくり麻酔薬を注入する。

 

衛生士(助手):患者に洗口を促して、奏効まで待つ旨を説明する。

 

麻酔が奏効するまで患者の様子を確認する。(顔色、呼吸など)

 

歯科医師:奏効を確認して、助手に後片付けを指示する。

 

助手:後片付けをする。

 

 

◎必要器材

①口腔洗浄・含嗽剤 ②表面麻酔剤 ③ヨードチンキ綿球 ④注射器(カートリッジ浸潤麻酔用、カートリッジ伝達麻酔用) ⑤ディスポーザブル注射針(浸潤麻酔用30Gショート、伝達麻酔用27Gロング) ⑥歯科用局所麻酔剤(カートリッジ式キシロカイン、カートリッジ式シタネスト)


ページの先頭へ