1. 初診患者への対応
  2. 歯肉炎患者(思春期)へのアプローチ
  3. 基本的診察への対応
  4. X線撮影取扱いへの対応
  5. 歯周病と歯周組織検査
  6. 歯科保存処置への対応とバキューム操作
  7. 前歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  8. 印象採得時のアシスタント(連合印象)
  9. 臼歯部ハンドスケーリングと歯面研磨・PMTC
  10. 歯科補綴処置への対応
  11. 超音波スケーリングとPMTC
  12. 応急処置(急性単純性歯髄炎)
  13. ラバーダム防湿
  14. 局所麻酔
  15. 覆髄
  16. 窩溝填塞(フィッシャーシーラント)
  17. グラスアイオノマー修復
  18. ホワイトニング
  19. 歯内療法
  20. 根管充填
  21. テンポラリークラウン
  22. ゴム質印象
  23. クラウンブリッジの咬合採得とチェックバイト採得
  24. 総義歯印象
  25. 総義歯の咬合採得
  26. フェイスボウトランスファー
  27. 人工歯の選択と床義歯の試適
  28. 床義歯装着
  29. 義歯の調整(リライニング)
  30. 抜歯
  31. 難抜歯・埋伏歯などの抜歯および歯槽骨整形
  32. 歯根端切除手術
  33. 歯周外科手術
  34. インプラント
  35. 矯正処置(MTM)
  36. 救急救命処置
  37. 訪問口腔ケア
  38. AEDによる除細動
  39. (付1)器具の消毒・滅菌及び保管方法
  40. (付2)感染症患者における器具の消毒・滅菌及び保管方法
  41. 消毒剤の選択と使用法
申込書ダウンロード

準備中

13. ラバーダム防湿

» 印刷データ » 評価表 » 必要器材

<到達目標>

・    歯科医師の指示に従える

・    ステップごとに報告できる

・    患者にこれから行うこと(ラバーダム防湿)の説明ができる

・    ラバーダム防湿に必要な器材の準備ができる

・    適切な歯面清掃と口腔内診査ができる

・    ラバーダムシートに適切な位置、大きさの穴を開けることができる

・    患歯に適合するクランプを選べる

・    クランプの落下、誤嚥防止用の措置を取れる

・    クランプをクランプ鉗子に正しくセットできる

・    クランプを患歯に適切にセットできる

・    ラバーダムシートをラバーダムフレームに適切に展開できる

・    手術野の消毒が正しくできる

・    補助クランプでラバーダムシートの固定ができる

・    ラバーダムを適切に撤去できる

・    後片付けができる

 

 

<設定場面>

50歳女性、右下6番の根管治療で通院している。今回は2回目の治療で、ラバーダム防湿を行ったうえで根管治療を進めていく予定である。

 

<治療手順>

1.歯口清掃  必要器材:歯面清掃用セット(スケーラー、デンタルフロスなど)

歯科医師:衛生士に歯口清掃を指示する。

 

助手:必要器材を用意する。

 

衛生士:スケーラー、デンタルフロスで隣接面を含め歯面を清掃する。

(フロスはラバーシートが隣接面を通過するかどうかの確認をする意味もある。)

 

 

2.ラバーダムシートの穿孔  必要器材:ラバーダムシート、ラバーダムパンチ

ワセリン

歯科医師:衛生士に患歯のラバーダム防湿を指示する。

 

衛生士:ラバーシートの上縁両端を上唇部で軽く押さえ、患者に開口させた状態でシートの上から患歯を押さえ、穿孔部をマークする。

 

患歯にあった大きさの穴をパンチのターレットから選び、マークした部

分に穿孔する。

 

穿孔部裏面にワセリンを塗る。

 

 

3.クランプの選択と試適   必要器材:クランプ(有翼型、無翼型)、

クランプ鉗子、デンタルフロス

 

衛生士:患歯に適合するクランプを選ぶ。

 

落下防止のためデンタルフロスを15cmほどスプリング部に縛る。

 

クランプ鉗子にクランプをセットし、患歯に運ぶ。

(このとき落下による誤嚥を防ぐために患側に顔を傾けてもらう)

 

視野を確保しにくい方からクランプを合わせてみる。

 

ビークは歯頸部に対して4点で接触していることを確認する。

 

適合が悪い場合はアブレーシブポイントなどで調節する。

 

 

4.シートの患歯への装着

 

衛生士:A.有翼型の場合

シートの穿孔部にクランプの翼をかける。

 

鉗子でクランプを固定し、シートは左手で展開する。

 

クランプを患歯に適合させ、シートを展開し、フレームにかける。

 

ストッパーでウイングにかかったラバーシートをはずし、ラバーシートで歯頸部を括約する。

 

B.無翼型の場合

クランプのスプリング部分にシートの穿孔部をかぶせ、鉗子でクランプを把持し、シートは左手で握り、患歯に運ぶ。

 

クランプを歯頸部に適合させ、ラバーシートをクランプの下側まで滑らせて歯頸部を括約する。

 

 

5.フレームの装着   必要器材:ラバーダムフレーム、ヨードチンキ綿球

 

衛生士:ラバーダムフレームにシートを展開する。

 

患者にヨードアレルギーがないか確認する。

 

アレルギーがなければ手術野をヨードチンキで消毒する

 

 

6.補助クランプによるシートの固定

 

衛生士:隣接歯あるいは反対側の歯に補助クランプの装着を行って、ラバーダムシートの固定を行う

 

 

7.(治療終了後)ラバーダムの撤去   必要器材:ヨードグリセリン

 

歯科医師:衛生士にラバーダムの撤去と患歯周辺のヨードグリセリン消毒を指示する。

 

衛生士:フレームを左手で支え、右手のクランプ鉗子でフレーム、シートを同時に除去する。

 

ロール綿花を頬舌側(唇舌側)に入れ、簡易防湿の下でヨードグリセリンを貼薬する。

 

助手:患者に手鏡とティッシュペーパーを渡し、口元を拭ってもらう。

器具の後片付けをする。

 

 

◎必要器材

①歯面清掃用セット(スケーラー、デンタルフロスなど) ②ラバーダムシート ③ラバーダムパンチ ④ワセリン ⑤クランプ(有翼型、無翼型) ⑥クランプ鉗子⑦デンタルフロス ⑧ラバーダムフレーム ⑨ヨードチンキ綿球 ⑩ヨードグリセリン


ページの先頭へ